革の教室

革のお教室、今月は1回しかないので、雨の中頑張って行きました。
まだ下手くそで高い革を使うには抵抗が有り、安いセール品を探して使う事にしました。
今月は

革の代金3,000円
裏地と口金1,700円 
お月謝5,700円


エナメルのこげ茶の革で練習して、
2作目はお値段考えないで気に入った革を選んで作ろうと思います。

本当に失敗が多いです。
一度ミシンをかけたらその部分のやり直しは不可能・・・
でも、革を合わせた所を縫い始め片側からミシン目が落ちたら大変!
仕方ないから二度縫いをする。見た目が最悪です。

今回は革を裁断。
ミシンをかける部分に革鋤きしてもらいました。

c0206645_17401731.jpeg


c0206645_17403251.jpeg

肩紐の長さが1m、幅が足りないので先生に革を繋いでもらいました。

c0206645_17404497.jpeg


スライサーにバイリン、あとなんだったか?名前直ぐに忘れる…
芯も裁断
裏地の裁断
c0206645_17405680.jpeg



ショルダーバッグの完成は来月の予定。
Commented at 2015-11-11 12:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-kazenifukarete at 2015-11-11 14:30
こんにちは~♪
皮にミシンを掛けるって大変そうですネ~皮専用のミシンですか?
ショルダーの紐、背が高いから長くないとですよネ
私だったら余りそうだけど(笑)
2作目も楽しみですネ!
大昔20代の頃、渋谷に調金を習いに行っていた事があります。
インターシップで…月謝が要らない代わりに浅草橋まで材料を買いに行かされたり先生のお手伝いを。
そんな昔の事を思い出しました。
Commented by comet-opeth2 at 2015-11-11 19:15
鍵コメさま☆
良かった!!本当に良かったです!!
元気が何よりです。
Commented by comet-opeth2 at 2015-11-11 19:20
ポプリさん☆
こんばんは。
1度縫うと針の穴があいてしまうので縫い直しが出来ないんです。
お教室の革専用のミシンで難しい足踏みです。(凄く苦手)
昔から洋裁が苦手だったので克服したくて始めたんですよ。
彫金も魅力的で憧れてましたが、材料費がダントツに高くて手が出ませんでした。
繊細な作業なのでどっちにしても無理だったかも。(笑)
先生の助手が出来るのですから、かなりですね?(^^)
by comet-opeth2 | 2015-11-10 18:11 | クラフト | Comments(4)

革の教室でバッグや小物を作ったりボタニカルをコツコツ描いて時々好きなバンドのライヴへ行くのが楽しみ。


by comet
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る