初めての革

お気に入りのレザークラフトのお店は手縫いの作品が多い。
それにカービングも見事です。ワイルドな作品が並んでいて眺めているだけでウットリ。

プラダもヴィトンもいいけど、
使って行くと味が出る生成りの革、太い縫い目が目立つステッチ、
そういうのが凄く好き!
自分で作れたらいいな〜〜♥
しかし、作業工程を訊くと想像出来ないくらいの事をしているよう。
で、見学もしてみたら、ワイルド感どころかかなりの繊細なお仕事です。
どう考えても私には無理だと思いました。

でも、簡単なコースが有るというので、体験レッスンに参加してみました。


キーホルダーを作る

・包丁を使って革を切る……型紙を革に乗せ銀ペンで型紙にそって線をひく。
             それを切る。これはフリーハンドでは無理(汗)
・貼る………ボンドがはみ出る〜(汗)
・ステッチ用の穴をあける……結構な力がいります(汗)

ここで30分くらい…

・金具やホックを取り付ける穴をあける……この時にトンカチの加減は分からない(汗)
・ホックを付ける……これはトンカチを振り下ろす角度に注意が!(汗)

・その前だったか後だったか革を傷から保護する為にレザーコートを塗る

・糸は、縫う所の長さ×4倍の長さに切る
・糸に蝋を塗る
・糸の端両方に針を付けて縫う……両方を一緒にクロスするように縫うのですが、
 持ち方は覚えていられるか??結構慣れるまで間違えそうです
・縫い終わるとカットした革の端をヤスリで滑らかにする
・滑らかになったら艶出し

ほぼ2時間くらいで完成です。


凄く丁寧に教えて貰ったので、ステキなキーホルダーになりました。
自画自賛




c0206645_22154615.jpg



c0206645_22162547.jpg




お店
WIZARD LEATHER


c0206645_22322257.jpg

by comet-opeth2 | 2014-06-30 22:17 | クラフト | Comments(0)

革の教室でバッグや小物を作ったりボタニカルをコツコツ描いて時々好きなバンドのライヴへ行くのが楽しみ。


by comet
プロフィールを見る
画像一覧